ML weekly
バックナンバー

ML探検隊:B4ML Club突撃インタビュー


 注目のメーリングリストやML関連のウェブサイトを紹介するML探検隊。今まで 企画だけの存在でしたが、ついにメーリングリストのインタビューに成功しました。
 第一回は、自動車関係のメーリングリストでは最大規模を誇る「B4ML Club」を取 り上げます。このメーリングリストは管理人チームが結成されており、代表者のたな かさんほかの方々から活動内容やよもやま話などをお伺いしました。

B4ML Clubのホームページはこちら。
http://www.b4ml.com/

Q B4ML Clubはどんなメーリングリストですか?

 レガシィB4のオーナーさんや興味がある人、購入を検討している人などが、わいわ いがやがやとおしゃべりをしたり情報交換をしているメーリングリストです。自動車 のMLなので、クルマいじりの話題が中心です。メンバーの年齢層は 10代から 60代で、 30代が一番多く、ついで 40代、20代というところですね。

Q B4ML Clubを始めたきっかけは?いつ頃から始まったのですか?

 最初はメーリングリストではなく、当時始まったばかりのある検索サイトの掲示板で活動していたんです。スバルの掲示板にレガシィB4のトピックを設置して情報交換していて、話が盛り上がったんです。そこで思いついて、「B4のMLを作ったらみなさん入りますか?」と提案したところ、10人以上から反応があり、掲示板からメーリングリストに移行して現在に至ってます。あれは、1999年3月でした。

Q 参加人数と一日あたりのメール量は?メンバーの年齢層は?

 現在、メンバーは公称で 1000人です。たしか、ML発足当初から半年で 50人程度 で、1年で 300人くらい、2年で 1100人くらいになりました。
 雑誌の取材を何度か受けたこともあるのですが、その効果は絶大でした。特に、NEWs出版発行の専門誌Club LEGACYの創刊号に掲載されたときの反響は大きく、今でもその余 韻があるように感じています。

Club LEGACY Interner Edition
http://www.planet1986.com/c-leg/

 メールは一日あたり 100通前後は流れています、多い日になると、一日 300通ものメールが飛び交うなんてこともあります。

Q ML以外のイベントはどんなものがありますか?

 ミニミニオフラインミーティング(略してミミミ)は、毎週のように、日本のどこかしらで開催されています。ミミミ開催のない月は、ここ 1年皆無です。(^_^;
 ミミミでやる内容は
  • その地域のメンバー顔合わせ
  • 誰かしらのクルマのメンテナンスやパーツ取り付け
  • 居酒屋でジョッキが足りなくなるほど呑みまくったり(^_^;
などです。MLの一大イベントとして、全国オフミと称して年に 1〜2回ほどミーティングを開催しています。今年のミーティングは、200台ほどが長野県に集合します。そうそう、ミミミの直後はいつもメールの量が爆発するんですよ。

Q まさか呑み会に車で参加なんてないでしょうね。

 モチロン、クルマは無しで(笑)。
 そういうときは電車で集合です。まったく呑まない人が車で来ることもありますが、すさまじくワリカンで調整してあげます(笑)。そのうえタクシーがわりに使われたり。いやいや善意で送っていただいたりします。

Q 管理運営はどのような体制で行われていますか?

 当初は現在の代表者である、たなかが単独でやっていましたが手に負えなくなり、3名のモデレータ(入会申請の受付、会員管理など)によるグループ管理体制を取って います。

Q 管理人をしていてよかったこと、困ったことなどエピソードがありますか?

 よかったことといえば、MLを通じてたくさんの知り合いができたり、趣味の知識が 沢山吸収できたこと。さらに、インターネットメールの仕組みやアングラな世界を知ったことがありますね。(^_^;
 困ったことは、やはり世の中と同じように困ったちゃんがいらっしゃるようで。ネットストーカーというものを垣間見たような気が・・・。

Q これから参加してみたい人に一言

 配送メールの量に驚かないでください。一日 100通は多いです(除く経験者)。無理に全部読む必要はありません。ただ、業務連絡とか、重要そうな件名が付いているメールだけはしっかり読んでおくのを忘れずにね(^^;; 。
 日本全国各地にメンバーがいますから、気軽に参加してくださいねー。基本的に近所づきあいとか、友達づきあいとかの普通の人間同士のつきあいです。インターネットメールだけの世界じゃないのがB4ML Clubのいいところです。



B4ML Club管理人チームのみなさん。楽しいお話、どうもありがとうございました。
今後、ますますメーリングリストが発展することをお祈りしています。

2001年 6月 9日発行 第66号


前の記事   記事一覧   次の記事
全バックナンバー

MLweeklyトップページ



「メーリングリスト週刊情報誌MLweekly」
「メーリングリストインフォメーションストリート」
(C) 1998-2015 by A. SATO, All rights reserved.
当サイトの内容を無断転載することを禁じます。