コラム:メーリングリストの参加人数


 メーリングリストの活動が経過するにつれ、参加者もしだいに増えていき、気がつくと何100人もの大所帯になっていたのに気づき管理人自身びっくりしたりします。そのうちにふと、果たして自分はどのくらいの参加人数までメーリングリストをまかなっていけるのだろうと不安に思うようになります。人数が多ければそれだけ活発になる反面、メールが多すぎてまとまりがつかなくなったり、トラブルも多発するのではと考えがちです。

 メーリングリストは500人が限界という見解があるといわれていますが、その根拠は明確ではありません。実際は、管理人さえしっかりしていれば500人以上でも十分メーリングリストを運営していけます。筆者自身、600人以上のメーリングリストを切り盛りしてきた経験があります。人数が多くなるほど、事務処理やまとめ役としての負担が大きくなるのは事実です。それゆえ、管理人はメーリングリストの運営方針を常に周知してまとまりのある場を維持し、事務処理も地道に欠かさずこなしていく根気と強い意志が必要になってきます。こうした努力を惜しまなければ、人数が増えてもメーリングリストは有意義な場として成り立っていけるものと思っています。管理人自身、開設したメーリングリストに愛着をもってプラス指向でのぞんで行く気持ちさえあれば、どんな屈強も乗り越え、より大きなメーリングリストに発展させていけるでしょう。


前へ トップページ 次へ


超入門 初心者もつまずかないメーリングリストサポートページ
Copyright 2000-2017 by Atsushi Sato, All rights reserved.