コラム:メーリングリストは敷居が高い?


 読者の中には、「メーリングリストって難しそう」というイメージが抱いているかもしれません。最初メーリングリストと聞いてどことなく専門的な響きがあり、しかもメールマガジンのように雑誌あるいは読み物というイメージがわいてこないせいか、メーリングリストはいったいどんなものか見当がつかないところがあります。また、参加するには見慣れない単語を記述した命令を送る必要があったり、マナーやネチケットといった配慮もしていかなければならないなど、初心者には困惑してしまうのかもしれません。そのせいか、メーリングリストはインターネット初心者には敷居の高い、手の出しにくいものと受け取られがちです。しかし、決してそんなことはありません。
 最近のメーリングリストは、初心者には操作が難しいとされ敬遠されがちな入会や退会処理もホームページで行えるなど使いやすくなってきました。そして、誰でもが簡単に利用できるようシステムが改良され、ますますメーリングリストの使い勝手はよくなっていきます。
 メーリングリストに参加して楽しむのは難しくはありません。ただ、ひとつ心得ておいてほしいのは、メーリングリストはホームページを見たり、メールマガジンを読むなど自分一人で利用をしているのと違って、常に多くの人と場を共有していることを忘れてはならないのです。つまり、大勢の人の輪に自分も加わっているだという意識を持っていてほしいのです。節度ある態度さえ心がけていれば、最初は少々失敗してもみんな大目に見てくれたり、やさしくアドバイスもしてくれます。ですから、無理に意気込んだり、しりごみする必要はまったくありません。ぜひあなたも、インターネットコミュニケーションを最も楽しめるメーリングリストに参加してみてください。


前へ トップページ 次へ


超入門 初心者もつまずかないメーリングリストサポートページ
Copyright 2000-2017 by Atsushi Sato, All rights reserved.